メタボと運動不足

運動のすすめ

肥満、高血圧、高コレステロールの原因の1つは運動不足です。

メタボの予防や改善に運動を取り入れることが勧められています。

運動すると代謝が良くなり、内臓脂肪が燃えやすくなります。
また、運動すると血流が良くなったりして、血圧も安定してきます。

運動せずに食事制限だけでダイエットしようとすると、筋肉が落ちて基礎代謝量が減ってしまい、太りやすい体質になってしまいます。

ダイエットに失敗してリバウンドを繰り返すと、筋肉が減って脂肪が増え、よりメタボになりやすくなってしまうので、運動を取り入れて、無理のないダイエットをするようにしましょう。

メタボ対策の運動

運動が良いと分かっていても、なかなかできない人が多いと思います。

メタボ対策には、激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなどの有酸素運動が向いています。

以前は30分以上続けて運動しなければ、脂肪は燃えないと言われていました。
でも、1回10分の運動を3回やると、同じような効果があるようです。

ウォーキングのための時間を作れないなら、通勤や買い物の時に姿勢を正して、やや大股で歩くことを心がけるだけでも違ってきますね。

面倒な家事も、メタボ対策のダイエットだと思えば、苦にならずにできて一石二鳥ですよ。

関連ページ

メタボになる食生活
メタボになりやすい食生活を改善して、メタボを予防しよう。
メタボとホルモンの関係
男性ホルモンは、内臓に脂肪を蓄積する作用があるため、メタボになりやすいと考えらます。閉経後の女性も要注意です。

メタボ対策