メタボとは

メタボとは

メタボ(メタボリックシンドローム)とは、日本語では内臓脂肪症候群という意味です。

内臓脂肪型肥満の人は、高血糖、高血圧、高コレステロールといった生活習慣病になっている場合が多いです。

内臓脂肪型肥満で、複数の生活習慣病になっていると、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞といった病気を起こしやすいことが分かってきました。

最近、このような動脈硬化の危険因子を持つ人が増えたので、「メタボリックシンドローム」と呼ぶようになり、メタボ健診などで予防や改善が積極的に行われるようになりました。

メタボの判定

メタボとは、内臓脂肪型肥満で

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 脂質異常症(高コレステロール)

の内2つ以上の症状がある場合ということになります。

ただ単にお腹周りに脂肪が付いた肥満の状態というわけではなく、メタボと診断された場合は病気ですので、メタボ健診後の保健指導を受ける必要があります。

関連ページ

メタボの基準ウエスト
メタボと診断されるウエストサイズの基準について説明します。
メタボの判定要素
メタボの判定基準や判定方法について説明します。
メタボになる年齢
メタボになりやすい年齢は男女で違っています。

メタボ対策